安心して不動産投資について相談ができるオーナーズライフ店舗数 33件

不動産投資なら未経験・初心者の方も安心して相談できるオーナーズライフ

0120-900-885 お気軽にお問い合わせください

Webでのお問い合わせ

コラム

不動産投資に使用できる4つのローン

不動産投資に使用できる4つのローン

アパート経営の実践

アパートのオーナーや資産家、地主の元には、建設会社やハウスメーカーから相続対策としてアパート建築の営業が来ることが多いです。ハウスメーカーの営業が金融機関のローンの話もセットで用意してくれることもあります。自分が取引したことのない銀行のローンを紹介されるケースもあり、時には不安に思う事があるかもしれません。不動産投資のためのローンは、居住用の住宅ローンと区別して「アパートローン」と呼ばれます(以下では、「アパートローン」と記載します)。

このアパートローンは、

  1. 提携ローン 

  2. 非提携ローン 

  3. リコースローン 

  4. ノンリコースローン 

の4 つに大別することができます。

 

ローンの種類

  1. ①提携ローン                             住宅ローンの「提携ローン」とは、文字通り住宅を販売する不動産会社が金融機関と提携している住宅ローンのことで、いわばタイアップ商品です。 不動産会社が住宅ローンを扱っている金融会社といくつか契約を結んでおり協定関係にある場合に、不動産会社を通してローンを組むことが出来ます。
  2. ②非提携ローン                            一般的に、提携ローンではないローンのことを指します。利用者自身が銀行などの金融機関に直接申し込んで融資を受けるものです。提携ローンと違い、自由度は高いですが、取引実績がない場合は融資額が少なくなる、または審査が厳しくなるなどのデメリットもあります。
  3. ③ノンリコースローン                         ノンリコースローンとは、返済原資を家賃収入あるいは不動産収入に限定している融資の仕組みです。原則として融資対象の物件以外に債務の返済義務が及ばない事が大きな特徴ですが、現在は融資可能な金融機関が非常に少なく、自己資金が多く必要となり金利も高い傾向にあることから、通常のリコースローンが主流となっています。
  4. ④リコースローン                           リコースローンとはノンリコースローンの逆で、債務者がローンの支払いができなくなった時に、物件を売却して返済に充てますが、返済額がそれでも足りない場合は、残りの借金も続けて支払わなければならないというものです。

 

ローンを選ぶ際のチェックポイント

ローンを選ぶ際の重要なチェックポイントとしては、

  1. 金利

  2. 借入可能額

  3. 借入期間

  4. 繰上返済の条件

  5. 金利のタイプ(変動金利型、固定金利選択型、全期間固定金利型)

という5 つを確認する必要があります。

これらは前述の4 種類のローンと連動しているわけではありませんが、ローンを選ぶ際の重要なポイントです。例えば、一般的にメガバンクは審査が厳しいですが、地方銀行であれば、個人にも積極的に融資してくれる可能性があります。また、日本政策金融公庫などの公的金融機関は、金利は安い傾向にありますが、返済期間が短いなどのデメリットもあります。ローンを組んで、アパートの建築を予定している方は、まずはハウスメーカーや不動産会社から情報を集め、自分の投資プランに合ったローンを複数検討してみるのが良いでしょう。

 

まとめ

自己資金がない場合や、少ない自己資金で不動産投資を行うためのいくつかの方法をご紹介しました。自己資金が多いことに越したことはありませんが、たとえ自己資金がゼロでも、銀行から融資を受けられなくても、不動産投資がまったくできないわけではないのです。上述したいずれの方法も決してハードルが低いわけではありませんが、可能な手段を模索して不動産投資家の道を検討するのはいかがでしょうか。

 

Webからお問い合わせはコチラから。
https://owners.life/lp

運営会社:株式会社WonderWall

TEL: 03-6434-1454

「安心して不動産投資について相談できるオーナーズライフ」

 



カテゴリ:投資コラム
登校日 :2017年5月17日
 

不動産コラム

相談店舗検索


ページの先頭へ