安心して不動産投資について相談ができるオーナーズライフ店舗数 44件

不動産投資なら未経験・初心者の方も安心して相談できるオーナーズライフ

0120-900-885 お気軽にお問い合わせください

Webでのお問い合わせ

よくあるご質問

よくある質問

     
Question普通のサラリーマンでも、融資は受けられますか?
Answer不動産投資は、投資物件事態に担保価値があるので、融資は受けやすいです。 安定的な給与収入があるサラリーマンは、金融機関の信頼が高く、その意味でも融資が受けやすいと言えます。
Question主婦なのですが相談に乗ってもらえますか?
Answer主婦の方でもご相談を受け付けております。不動産投資や、将来の資産形成について、アドバイスさせていただきます。旦那さんと一緒にご相談に来ていただく方もいらっしゃいますので、お気軽にご相談ください。
Questionお金を借りて不動産投資をすると、金利を払わなくてはならないので、収益性が悪くなるのではないですか?
Answer借入れは、「レバレッジ効果」により、自己資金の運用効率性を高める効果があります。また、仮に資金収支がマイナスになっても、「将来への準備」としては非常に有利な条件になります。
Question長期的に安定収入になるんですか?
Answer不動産投資は、不動産を購入して、賃貸し、家賃収入を得る ものです。居住用物件の家賃収入は景気などの外部要因に左右されません。老後の生活資金源として「自分だけの年金」として活用している方も多いです。
Question不動産投資の将来のメリットは何ですか?
Answer老後の生活資金源として「自分だけの年金」として活用できます。
Question頭金は必要ですか?
Answer資金ゼロから始められます。頭金ゼロでも物件購入できる運用方法が多くあります。購入する物件の収益性と賃貸需要は、しっかりとチェックすることが大事です。
Question不動産投資はどんな保障がありますか?
Answer生命保険の代わりになります。マンション購入に組み込まれた「団体信用生命保険」という生命保険で万一の際にもご家族に無借金で資産が残せます。
Question団体信用姓名保険とはどんなものですか?
Answerオーナー様に万一のことがあった場合、 ローンの残額は精算され、ご家族には 無借金の不動産と毎月の家賃収入が残ることになります。
Question投資マンション経営とはどのようなことですか?
Answer住むためだけのマンションではなく、賃貸として他人に貸す「マンション」です。
Question入居者がいない場合や滞納などが起きた場合はどうなるのですか?
Answerオーナー様の空室リスクを軽減する為に、新築物件は設定賃料の90%を保証する 家賃保証システムを導入しております。 中古物件に関しても、東京23区内では単身者の賃貸ニーズが高く、デュアルタップの管理物件は安定した入居率を保っております。
Questionもし売却する場合は簡単に出来るのですか?
Answer不動産賃貸経営は年金不安や生命保険会社の 未払い問題、急激な為替変動リスクなどで、安定的に長期収益を上げる資産として注目されています。 特に好立地の不動産(東京都内、駅徒歩10分以内)であれば中古マンションの購入ニーズは増税や年金不安の煽りを受けて収まる気配はありません。当社で購入物件の売却時は 仲介手数料を無料にするなど、最後まで責任を持ってデュアルタップでお手伝いいたしますのでご安心ください。
Questionマンションの維持管理にかかる費用はどのくらいなのでしょうか?
Answer管理費は、物件にもよりますが毎月1万円ほどかかります。管理人のお給料、共有部分の電灯、エレベーターの電気代、共用水道の水道料、などに使われていきます。一戸建てと違い、マンションには管理会社・管理組合がありますので、オーナーにお手間が掛る事はありません。地方にお住まいの方でも安心して東京のマンションをお持ち頂けます。
Questionマンション全体での将来的なメンテナンス(修繕)はどのように行われるのですか?
Answer新築当初の美しさや機能を維持するためには、適切な時期に適切な修繕工事を行うことが必要です。一戸建て住宅と違い、マンションでは20~35年間の長期修繕計画が竣工時に立てられます。例えば、鉄部(柵など)塗装は、3~5年、屋上防水やシーリング、外壁などは9~11年が周期となっており、こうした修繕周期に沿って、長期修繕計画が立てられています。大規模修繕工事も管理会社ですべて管理を行いますので、オーナー様は 管理費・修繕積立金として毎月約一万円を管理会社にお積立頂く事により、煩わしい発注や確認作業は一切ございません。
Question万が一の時に家族に迷惑が掛るんじゃないか心配です。
Answer団体信用生命保険に自動加入の為、オーナー様に亡くなられたり、高度障害状態になられた場合は、保険会社から融資金の残債に保険金が支払われます。また、お借入をする事によって、建物部分の金利が必要経費として 確定申告時に計上が可能となります。新築マンションの場合は購入した直後は、不動産所得が確定申告上は赤字になり、所得税・住民税の 節税効果がある方が多いです。昨今の大手保険会社の破綻や 未払い問題が現実的な中、ご家族に生命保険代わりの現物資産として、東京の一等地のマンションを残す事が出来ます。
Question購入したマンションが欠陥住宅であった場合どうなるのですか?
Answerすべての新築住宅の売主に対し、瑕疵担保責任について保証金の供託か保険への加入が義務付けられています。当社でも財団法人住宅保証機構と日本住宅保証検査機構に加入をしており、万が一欠陥住宅だった場合でも保険金で補修費が支払われるのでご安心ください。 また、新築住宅は住宅品質確保促進法に基づく住宅性能評価書を取得するなど、品質保証には特に力を入れています。
Question建ぺい率とは?
Answer建ぺい率は建築基準法第53条により規定され、敷地面積に対する建築面積の割合のことです。建ぺい率は一般的に特定行政庁において用途地域ごとに制限が定められる他、条例や地区計画、建築協定などでも規制がかかることがあります。敷地が角地の場合や耐火建築物の場合は規定により制限が緩和される場合があります。
Question債務名義とは?
Answer売買契約において支払の義務を負う人が、支払い義務を怠った場合に建物の差押や、立ち退きなどの強制執行を行う場合に必要な書類で、公的機関を通じて発行されている為、絶対の強制力を持ちます。 種類がいろいろあって・確定判決・仮執行宣言付判決・和解調書・調停調書・執行認諾文言付公正証書・仮執行宣言付支払督促などがあります。
Questionサブリース(一括借上げ)とは?
Answer主に不動産会社が、賃貸オーナーに代わって、賃貸住宅を借り上げ、それを第三者に賃貸するという賃貸住宅経営法を指すことが多いです。賃貸オーナーは、入居者探しや建物のメンテナンスまで不動産会社が管理をするので、オーナーにとっても何かとメリットはありますが、不動産会社との取り決めを明確にするなどしておく必要があります。
Question3階建て建築物の技術的基準とは?
Answer3階建て建築物の技術的基準は、木造の場合、最低でも準耐火構造としなければなりません。3階建て建築物では構造計算が求められ、建築基準法の構造規定を遵守しなければなりません。3階建て建築物では3階部分の道路又は道路へ通ずる空地に面して非常用進入口の設置が義務づけられます。
Question敷金とは?
Answer不動産の賃貸借契約に当たって、借主から貸主に対して預けられる金銭のことです。家賃不払いがあったときの担保や、賃貸借物件の修繕や原状回復のための費用として使われます。退去など契約が終了したときには、前記の案件に使用された費用を除いた金額が借主に返還されることになっています。
Question地震保険とは?
Answer地震保険とは、地震によって被った損失を補償する損害保険です。保険の対象は地震・噴火・津波を原因とした、火災・損壊・埋没・流出による住宅および生活用動産の全損・半損・一部損に限られています。補償の範囲は、主契約の保険金額の3割から5割の範囲内、建物は5,000万円、家財は1,000万円が上限です。
Question住宅金融公庫とは?
Answer1950年に設立された住宅金融業務を主に行う特殊法人の一つです。個人の住宅の購入や新築のための住宅資金などの直接融資を行っていましたが、金融機関の個人向け住宅ローンが増えてきたことから業務を縮小することになりました。2003年からは証券化支援事業をスタートさせましたが、2007年に住宅金融公庫が廃止となり、住宅金融支援機構に業務が引き継がれることとなりました。
Questionレバレッジ効果とは?
Answer自己資本に加え他人資本を使うことで高い利益率を上げる効果です。自己資本よりも大きな資本を動かせるので梃子の原理に似ておりレバレッジ効果といわれています。資本が大きくなるためリターンが高まる反面リスクも大きくなり他人資本には利子もかかります。
Question利廻り(りまわり)とは?
Answer投資用不動産における利廻りとは一般的に「年間賃料÷販売価格×100」%で表示しています。
Question表面利廻りとは?
Answer表面利廻りとは、「年間賃料÷販売価格×100」%だけで出された数値。 大まかな指標として使用されます。
Question実質利廻りとは?
Answer実質利廻りとは、「年間賃料-諸経費÷物件販売価格+物件購入時の諸経費×100」%で出された数値です。実態を表すのは実質利廻りです。
Questionワンルームマンションとは?
Answer単身者用の住宅に多い居室は1部屋だけで、キッチンやバス等の水回りがコンパクトに設置してあるマンションの事。事務所等に使われることも有ります。
Question保証人とは?
Answer他人の債務等を保証する人。不動産取引では連帯保証が一般的で、本人と同一の責任を持ちます。賃貸契約の場合賃料の不払い等があると保証人に請求されます。賃貸借契約時に実印の押印と印鑑証明が必要。
Question媒介(ばいかい)契約とは?
Answer宅地または建物の売買、交換または貸借のなかだち(とりもち)を宅建業者に依頼する契約のことをいいます。宅地または建物の売買または交換等をしようとする場合、自分の希望する条件(価格、引渡し時期等)に合った適当な相手方を、広い範囲から探し出すことは極めて困難です。そこで、これらの取引をする際に、両者の間をとりもつことを専門としている宅建業者に、取引の相手方を探すよう依頼することになります。このときの依頼契約を媒介契約といいます。宅建業者は、宅地または建物の売買または交換に関する媒介契約を締結したときは、後日、媒介契約の存否、内容、報酬等をめぐって紛争等の生ずるのを防止するため、遅滞なく、一定の契約内容を記載した書面を作成し(媒介契約の内容の書面化)、依頼者に交付することが義務付けられています(宅建業法34条の2)。なお、媒介契約は、依頼者が他の宅建業者に重ねて依頼することができる一般媒介契約(明示型と非明示型がある) 。依頼者が他の宅建業者に重ねて依頼することができない専任媒介契約依頼者が依頼をした宅建業者が探索した相手方以外の者と売買または交換の契約を締結することができない専属専任媒介契約があります。
Question媒介(ばいかい)とは?
Answer不動産の売買・賃借を不動産業者に依頼するときに結ぶ契約の一つ。専任度によって、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介に分かれます。仲介と同義語です。
Question与信(よしん)とは?
Answer人物の信用評価を行い、信用する限度額を設定し、「この人にはいくらまでならお金を貸すことができる」と査定することです。
Questionフルローンとは?
Answer金融機関からの全額融資で購入すること。一般的には収益性の高い物件に対して行われます。
Questionワンルームマンション経営とは?
Answerワンルームマンション経営とは、ワンルームのマンションを所有して、家賃収入を得る事を言います。 部屋をワンルームにした事によって、多くの独身社会人や学生など一人暮らしに入居して貰える事が出来きます。 そのため、多くの家賃収入を見込める上に、マンションはオートロック等の防犯対策がしっかりしており、一人暮らしの女性も安心して住めるなどのメリットがあるため人気が高く高い入居率を見込めます。
Questionマンション投資とは?
Answerマンション投資とは、主に土地を持っていない人が優良中古マンション物件購入や新築マンションを建設し、マンションの家賃収入を得る事を目的とした投資手段です。 また、融資して貰う方法も色々とあり、安定した収入のある方なら比較的に誰でも簡単できる上、相続税などの節税対策にもなり、管理も専門企業に全てを頼むことで、株などの投資よりもリスクが少なく手間や時間もかかりません。 老後の定期的な収入を得ることが可能な自己資産運用方法の一つ。
Questionマンション経営とは?
Answerマンション経営とは新築マンションを建てたり、中古マンションを購入したりして、マンションを所有し、部屋を貸して家賃収入を得る事を言います。 メリットは、長期で定期的な家賃収入がローンで建てたとしても見込めると言う事や所得税や住民税、相続税の節税効果もあります。アパート経営の方が利回りが一般的に良いと言われていますが、もちろん、立地条件によってはマンション経営の方がいい場合もあります。
Question融資とは?
Answer融資とは一般的に資金を借入れることを言います。なお、融資は借り入れる際に約束した通りの利子を借りた金融機関に支払い、償還期限が来たら借りた資金を返さなければなりません。 融資は公的融資機関か民間融資機関から受ける出来ます。 公的融資は低金利で返済期間が長く、借りる側にとっては非常に有利な融資です。 しかし、民間金融機関より制限や条件が厳しく借入れが難しいです。
Question不動産収益物件とは?
Answer不動産収益物件とは、不動産で収益を上げることのできるアパートやマンション、ビルのことをいいます。バブル時のように購入した不動産収益物件の値上がりを待って売却し利益を得るというよりも、最近では家賃収入を目的としたものが主流です。小さいものでは数百万の中古ワンルームマンションの一室のオーナーチェンジから、収益アパートや収益マンション、収益ビルの経営まで規模はさまざまです。
Question不動産投資とは?
Answer不動産投資とは、アパートやマンション等を購入(投資)し、家賃で収入を得ること。又はその購入した物件の不動産価値が上がった時に売却し、その差額で利益を得る(売却利益の)ことを言います。今現在では土地の価値がバブル時のように上がる事が期待できませんので、家賃収入(運用利益)を期待し投資する不動産投資が主流となっています。
Question投資用不動産とは?
Answer投資用不動産とは株券など金融商品の一つと考えても良い、収益率、リスクを含んだ投資対象商品です。投資用不動産のメリットはインフレによっても目減りせず、相続税の対策や確定申告すれば節税対策にもなり、不動産が収益物件の場合は私的年金としての役割を期待できます。また、地価も底値に達し今後は値上がりして行くと見られていますので長期的な自己資産運営手段として有効です。
Question自己資金とは?
Answer自己資金とは、住宅を取得の際には、すぐに支払うことができる手持ちの現金のことをいいます。 戸建て住宅の場合は、多くの金融機関の融資の上限額が購入価格の80%までとなっているため、残りの20%以上は自己資金資金が必要と言われています。 新築マンションの場合は、分譲価格の3%〜5%くらいが目安となります。 通常、自己資金は頭金と諸費用に充てられます。自己資金ゼロという物件もありますが、その場合でも諸費用部分は現金となる場合が多いようです。
Question資産運用とは?
Answer資産運用とは、個人や法人の資産を貯蓄したり投資したりして、資産を増やしていくことをいいます。貯蓄は、銀行などに預けることにより、主に貯めることを目的として利用されます。投資は、貯めることよりも、増やすことを主な目的として利用されます。投資には、株式投資、投資信託、商品ファンドなど、さまざまな種類があります。
Question頭金とは?
Answer頭金とは、ローンの契約の際に支払うお金のことです。頭金には、月々のローン返済額を減らしたり、手付金として契約実行の保障にする役割があります。
Question税金対策とは?
Answer税金対策とは、個人所得者が年末調整や確定申告という税金上の手続をすることによって税金の軽減を行うことです。なお、2,000万円以上の所得を分岐点として、所得税率が法人税率を超過するため、個人事業主は税金対策として法人化する事が一般的です。
Question節税対策とは?
Answer節税対策とは、還付される税金の請求を適切に行うなど、制度や特例などの範囲内で極力税額を減らす努力や工夫をして、税金を多く納めすぎない対策をすることを言います。
Question私的年金とは?
Answer私的年金とは自己責任で行う老後の所得保障生のことで、生命保険会社等の個人年金保険などのことです。近年は不動産投資による私的年金づくりも注目を集めています。
Question相続税とは?
Answer相続税とは、死亡した人の財産を相続したときや遺言によって財産を取得したときに納める税金のことです。亡くなられた人を被相続人、相続によって財産を受け継いだ人を相続人といいます。相続した財産は原則として全て課税対象となりますが、墓地、神棚、仏壇などは非課税です。さらに、被相続人が支払っていた生命保険金や死亡退職金についても「法定相続人×500万円」までは相続税がかかりません。(今後税制の見直しが検討されています。)相続人の借入金の額は相続財産から差し引きます。土地、株式など相続財産はそれぞれ一定のルールで見積もり、課税価格を求めます。相続税には、5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)の基礎控除があり(見直しが検討されています)、これを超えた遺産に税金がかかる仕組みになっています。例えば法定相続人が2人の場合、取得した遺産が7,000万円までであれば非課税となります。
Question収益不動産とは?
Answer収益不動産とは毎月一定の賃料収入のある不動産物件、例えば、土地、駐車場、アパート、マンション、テナントビル、事務所、店舗、倉庫等の賃貸することによって収益をあげる不動産物件(収益不動産)の事を言います。不動産といえば資金がないと出来ないと思われるかもしれませんが、数百万円から購入できる収益不動産もあります。頭金と計画的なローンを組んで取り組めば、定期預金でお金を眠らせているより確実に長期で定期的な私的年金として資産を増やす事を期待できます。
Question入居率とは?
Answer入居率とは、アパートやマンションの全部屋数に対しての入居状態にある部屋の割合のことをいいます。 入居率 = 入居している物件数 ÷ 全体の部屋数で求められます。 入居率に対し、空室状態にある部屋の割合をいうものを空室率といいます。 空室率を減らし、入居率を高めるためには、リフォームをしたり、賃料を下げたり、広告を出したり、入居者にできるだけ長い期間住み続けてもらうなど、さまざまな方法があります。
Questionアパート経営経費とは?
Answerアパート経営経費とは、アパートの家賃収入を得るためにかかる運営費用(不動産投資金)のことを言います。 新築アパートを建築する場合のアパート経営経費は、土地購入費、工事費、不動産取得税、登録免許税、印紙税、水道負担金、ローン関係費、火災保険料、消費税などがかかります。 また、アパート経営オーナー後も固定資産税、修繕費、管理委託費、所得税、ローンの返済費など定期的にかかります。
Question収益性とは?
Answer収益性とは、資本に対しどのくらいの収益をあげたかを表すことをいいます。資本収益率(%)=利益÷資本という計算式が用いられます。この値が高いほど収益性が高くなります。利益÷資本は、売上高利益率(利益÷売上高)×資本回転率(売上高÷資本)に分解することができます。売上高利益率は、サービスや商品の収益力をいい、資本回転率は、企業の回転率の良さをいいます。この両方を向上させると、収益性があがることになります。
Questionキャッシュフローとは?
Answerキャッシュフローとは、直訳すると「資金収支」つまり、現金の流れのことを言います。投資資金や運用経費などで実際に支払った金額と、売り上げなどで入ってきた金額の資金の増減のことを意味します。 キャッシュフローは会計基準が変わっても変らないため、事業の収益性を判断するうえで重要な役割を果たします。不動産経営では、賃料などの継続的に入ってくる収益、(インカムゲイン)と、売却などで入ってくる売却益(キャピタルゲイン)の総和のことをいいます。
Questionインカムゲインとは?
Answerインカムゲインとは、株式の配当、債券の利子、預金等の利息収入のことです。 資産運用や投資に対するリターン(成果)のひとつで、資産を手放さずに安定的・継続的に得られる収益(所得)のことを指します。 株式投資の場合は配当金、預貯金などの場合は受取利子(利息収入)、投資信託などの場合は収益分配金、不動産の場合は賃料収入などです。元本に対する1年間のインカムゲインの割合をパーセンテージで表したものが「利回り」で、収益性の指標になります。インカムタックス(income tax)は所得税です。 インカムゲインは保有し続けることによって得られる現金収入ですが、それに対して、証券が値上がりしてそれを売却して得た利益はキャピタルゲイン(譲渡益)と言います。 インカムゲインとキャピタルゲインは、それぞれ別の体系で税金が取られます。また、インカムゲインとキャピタルゲインをあわせたリターンをトータルリターンと言います。
Questionキャピタルゲインとは??
Answerキャピタルゲインとは、株を安く買って、高く売ったときに得られる利益のことです。「値上がり益」「売却益」「譲渡益」「売買差益」などと言います。株を買って値上がりしたところで売って得た利益の他に、株を空売りして値下がりしたところで買い戻した時に得た利益などもキャピタルゲインとなります。 一方、株を保有していることで得られる配当益などはインカムゲインです。税金面では、キャピタルゲインに対する課税と、配当に対する課税の両方が課せられます。 税務上は「譲渡所得」で、一般の給与所得や事業所得などとは別に分離課税されます。特に個人の株式譲渡益課税のことを「キャピタルゲイン課税」と呼び、申告分離課税が原則です。値下がりして損失が出た場合は「キャピタルロス」となります。 「Capital」の意味は資本または元金のことです。
Questionレバレッジとは?
Answer不動産投資において言われるレバレッジとは、有価証券などの購入金に借入金に上乗せし、自己資金以上の投資を行う事です。不動産や有価証券などを担保にして更に借入を増やしたり、様々な資金調達手段によって、自己資金以上の金額を動かす事で、利益を増やすことを目的とします。
Questionコンサルタントとは?
Answerコンサルタントとは、会社の経営や管理技術などの相談を受ける、専門的な知識を持った個人、もしくは法人のことをいいます。コンサルタントには、「経営コンサルタント」「不動産投資コンサルタント」「ITコンサルタント」「ビジネスコンサルタント」「システムコンサルタント」「会計コンサルタント」「建設コンサルタント」「建築コンサルタント」「環境コンサルタント」「再開発コンサルタント」など、さまざまな分野のコンサルタントがある。
Question減価償却費とは?
Answer減価償却費とは、建築物や設備が使用等で減価する取得費を、その法定耐用年数を基に帳簿上で経費化した償却費のことです。例えば住宅の場合では、木造なら22年・鉄筋コンクリート造なら47年といった耐用年数で取得時の価格を償却していき、経費計上をすることが出来ます。
Question還付金とは?
Answer"還付金とは、その名の通り、還付されるお金なのですが、どんなお金が還付されるのかというと、源泉徴収や、過去の確定申告などで国に納めすぎた税金のこと。 ちなみに還付申告書を提出できる期間は、還付の該当する年の翌年1月1日から5年間です。 つまり、確定申告の期間と関係なく行うことができます。"
Question区分所有とは?
Answerマンションのように、建物が独立した各部分から構成されているとき、その建物の独立した各部分を所有することを「区分所有」という。
Question1棟所有とは?
Answerマンションやアパート等の集合住宅を1棟丸々所有する事を「1棟所有」という。
Questionリートとは?
Answer"投資家からお金を集めてオフィスビルや賃貸住宅、流通施設などの不動産を購入し、不動産から得られた家賃収入や売却益を利益として分配する投資商品です。 不動産投資を行うには通常だと、多額の資金が必要になりますが、投資家はリートを通じて、不動産に間接的に投資をすることができます。 本来、不動産投資といえばイメージするのは、区分マンションや、1棟を丸々所有するこの2種類が代表的ですが、リートはあくまでも株などの投資商品と同じように、権利を買うイメージに近いです。 リートは株式と同じように市場で投資証券の売買をすることが可能です。 通常不動産は所有した場合は自身が所有者となりますので、家賃収入や売却益は殆どが所有者自身に利益として計上されます。 リートは、株と同じように利益が出た際に利益の一部をを配当金として受け取ることができます。 この利益は他にも同じように、株、上記解説のリートの権利を持っている方たちがいるので、自身が手にする配当金と同じように配当金を手にする権利を持った方たちと共同で1つの投資商品に投資をするということです。 メリットとしては株と同じなので、不動産所有をするよりも少ない金額で始められます。 ただデメリットととして、株で例えると株はその株を発行している会社が倒産した場合はただの紙切れになってしまいますが、リートも同じで不動産所有者ではなく、利益の一部分を手にする権利を買うので、その不動産が無価値になったり、利益の出ないものになれば配当金がなくなるのでお金を手にすることができません。 会社が倒産して株が紙切れにになるのと同じです。 なので、簡単にイメージすると不動産所有は実物資産。 リートや株は金融資産。"
Questionソーシャルレンディングとは?
Answer"お金が必要な人や会社に、お金を貸したい個人がインターネット経由で直接貸し出す仕組みで、低金利時代に高い利回りの金利が得られる運用方法です。 サービス提供を行うソーシャルレンディングの事業者は、融資を受けたい人とお金を融資(投資)したい人をインターネット上で結び付けます。ネットの力によって低コストで運営される金融市場を作っているイメージです。 個人と法人違いはありますが、オーナーズライフも不動産を売りたい業者と、不動産を所有したい個人をつなげる役割をになっているのでイメージとしては非常に、近いです。 いままで日本の間接金融(証券市場を介さずにお金の貸し借りする)市場は、これまで銀行や信用金庫などの金融機関が独占していました。 お金を借りたい企業は、銀行などの金融機関に融資を頼むしか方法が無かったのです。 ソーシャルレンディングとは、今までは銀行や信金等にしかお金を借りる場所がなかった市場に、新しいお金の借り方としての役割をになっています。"
 
 

不動産コラム

相談店舗検索


ページの先頭へ